ロカビリー☆ジャック

2019年12月24日(火) 13:00~ (シアタークリエ)
屋良朝幸さん、海宝直人さん、昆夏美さん、青柳塁斗さん、岡千絵さん、平野綾さん、吉野圭吾さん、真瀬はるかさん、中村百花さん、かちゃさん、蛭薙ありささん、田村雄一さん、上野聖太さん、宮野怜雄奈さん、村井成仁さん、常川藍里さん

今年の観劇納めである。
12月は観劇予定が入っていなかったが、やっぱり一つくらい観たいと思って直前に決めた。

しかし、このチケットを予約した日、ぽちっとした2分後にその日の公演中止のお知らせが届いた…。キャストがインフルエンザでは24日も公演ができるのかわからないとやきもきしたが、2公演のみ中止でその後の2公演は代役で行われ、今日はお休みしていたキャストもみんな揃っていた!!
そのプロ根性はすごいけど、大丈夫なの~~~?

でも、いったいどなたが具合悪かったのですか?と思うくらい、その影響は全く感じさせず充実した舞台だった。
そして、適材適所の配役って素晴らしい。観終わってそう思った。

かなりコッテコテのギャグ満載なのだが、キャスト皆さんが持ち味を存分に活かして、まじめに目いっぱいコメディを演じていた。多少(いや、かなり)話が強引だろうが、こういう勢いのある作品ならあれこれ考えずに単純に楽しむことができる。師走のなんとなく気持ちが落ち着かない季節に、こういうのはよい。

あらすじ(公式サイトより)-----------
1950年代に誕生し、エルヴィス・プレスリーら人気シンガーが牽引し一世を風靡したロカビリー音楽――。ロカビリーに魅せられた売れない歌手ジャックは、スターになるために悪魔と契約を交わす。それは“愛”を歌えないジャックにシンガーとしての成功を約束する代わりに、彼の中に“愛”が生まれ大きく育った時、命とともにそれをもらう…という契約だった。 一年後、成功の階段を駆け上がるジャックの前に、一人の女性シンガーが現れ、二人は一瞬で恋に落ちる。悪魔がささやく「こりゃ意外と早く“愛”を味わえそうだ…」。

情熱的な若者たちの愛、友情、青春、予想のつかないどんでん返しの物語に、コミカルでキャッチ―かつ感動的な音楽が絡まる日本発!世界を席巻する一大エンターテインメントがついに開幕!!
------------------------------------

ジャック役の屋良さんのキレのあるダンスや美しい身のこなしが素晴らしく、憎めないダメさと純粋さのバランスがまた絶妙である。彼がその魅力的な存在感でこの作品を引っ張る。

相棒のビルには実力派の海宝さん。田舎のホンワカした青年が都会に出て洗練されていく様子や憧れのジャックへのまっすぐな思いなどを、文字通り体当たりで、何度も床に転がされながらもコミカルに時に切なく演じる。

ジャックと契約する悪魔は吉野さん。あんなにはっちゃけた吉野さんは久しぶりだが、彼にしか出せない魅力が満載で、「ちょっとずるくないですか?」と言いたくなる。

ルーシー役の昆さんは、悲劇的な役を演じることが多いけれど、実はコメディも上手い。歌手役として申し分のない歌唱力なので説得力もある。それにしても、彼女の小柄さがあんな形で役に立つとは…。

サマンサ役の平野さんは、ドスの利いた歌声が響きまくっていた。お父さんはあのガンビーノらしい(『SONG WRITERS』に出てくる)。彼女がルーシーのための曲を依頼する相手がジェリー&キャロルで、彼らに断られたらエディ&ピーターに頼むとか、さりげなく東宝作品をアピール(笑)。

サマンサの手下テッドは青柳さん。筋肉が!すごい!
そしてクライマックスで魔女に操られる腕の動きが人じゃない!周辺から「気持ち悪い~」という声がちらほら聞こえた

魔女は岡さん。声も踊りもかっこいい。悪魔と魔女のタップダンスも素敵だった。踊れる人ってやっぱり動きがきれいで様になるなあ。ラストシーンで、ずっと優しい笑顔で若者たちを見守っているのもよかった。

アンサンブルさんたちも総じてキレがあり、悪魔のお付きの二人は組体操みたいなこともやって拍手をもらっていた。そして、ちょっとしたハーモニーがとてもきれいで、歌の面でも穴がなく、いいバランスだなと思った。


で、カーテンコールはクリスマス仕様の特別バージョンだった。うちではクリスマスらしいことを全然しないので、クリスマスソングでその雰囲気を感じられてうれしかった。
カーテンコール前のアナウンスで屋良さんが噛みまくりだったのも、ライブ感たっぷりで楽しかった

ということで、笑顔で年越しできそう。よい観劇納めだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント