御坂山塊 節刀ヶ岳

2019年12月8日(日) 晴れ

久しぶりに節刀ヶ岳へ出かけた。十二ヶ岳に登っても、金山までしか行かないことがほとんどなので本当に久しぶり。

今日は若彦トンネルの北側から大石峠経由で登る。
トンネルを出るとすぐ、広い駐車スペース(チェーン脱着場なのかも)があるのでそこへ車を止める。日が当たらない場所なのでよく冷えていて寒い。

駐車スペースの上方の林道を進むも、すぐに行き止まりとなってしまい、引き返す。道路を少し下ったところに道標があるのでそこから正しい林道に入る。

若干わかりにくいところもあるが、大石峠入口までは林道を進む。要所要所に標識がある。

大石峠までの道は尾根につけられているが、程よく切ってあって歩きやすかった。登るにつれてどんどん歩きやすくなり、昔使われていた峠道かなと思ったら、仏様が一体鎮座していたのできっとそうだと思う。

仏様
仏様
木々の間から見えた八ヶ岳
木々の間から見えた八ヶ岳


峠に着くと、目の前にどどーんと富士山が登場する。日当たりも抜群で暖かかった。

大石峠からの富士山
大石峠からの富士山
”おおいし”が”おいしい”に見える
おいしいに見える


ここから稜線を進む。峠に向かって登っているときには風はなかったが、稜線上にはなぜか芦川側から冷風が吹く。体の右側は凍え、左側は日に当たってぽかぽかという変な状態で歩く。木々の間からは八ヶ岳や南アルプスが見えた。

動物の気配はあまりない。鹿の落し物があったくらい。今日は鳥も少なめだった。

小さなアップダウンを繰り返し登っていく。途中、金堀山で休憩。ここの山頂は暖かくて休憩適地だった。そこから先もアップダウンがあり、金山からの登山道に合流したら間もなく節刀ヶ岳に到着する。

山頂は断続的に人がやってきて、なかなか人気の山のようだった。
この山頂がまた不思議と暖かく、というかむしろ暑いくらいのぽかぽか具体でびっくりした。上着を着ずにのんびり休憩できたのはありがたかった。

節刀ヶ岳からの富士山
節刀ヶ岳からの富士山
河口湖
河口湖

ゆっくり休んだら来た道を戻る。歩き始めたら途端に北側からまた、冷たい風が吹いてきた。日差しでごまかされているが、実は気温は低いのである。午後になっても霜柱が溶けておらず、触れるとさらさらと崩れた。この辺りに雪が積もるのも、もうそう遠くないかもしれない。

今回も、山頂以外は実に静かな山歩きであった。かなり地味なコースだったが、これはこれで悪くないと思った。


【参考:今日のタイム】
駐車スペース9:00→9:15登山口(すずらんの里入口バス停付近)→9:40大石峠入口→10:36大石峠10:40→11:08金堀山11:18→11:56節刀ヶ岳12:50→13:25金堀山→13:47大石峠13:58→14:34大石峠入口→14:54登山口→14:59駐車スペース

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

カスミッシモ
2019年12月09日 21:18
節刀ヶ岳にすずらんの里から登れるんですね。
すずらんの里から黒岳、釈迦ヶ岳には登ったことがあります。
節刀ヶ岳は南側から登ることしか頭にありませんでした。なるほどです。このコースで登る人はいますか。
ぽこ@管理人
2019年12月10日 18:54
カスミッシモさん☆
すずらんのお花畑がある場所ではなく、「すずらんの里入口」です。バス停があります。
河口湖側からですと若彦トンネルを抜けて間もなくなので、お花畑よりも近いです。
登る人は少なそうですが使われてはいるようですね。この日も我々の他にもう一人登山者がいました。