鮎湖のほとりでひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 北八ヶ岳 天狗岳

<<   作成日時 : 2017/07/16 23:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017年7月16日(日) くもり

三連休だったが泊まりではなく、なぜか日帰り。そして、展望の山なのにガスガス強風の天狗岳であった。しかし、下界は猛暑でも山上は肌寒いくらいの涼しさで、ある意味贅沢であった。

桜平は通常の週末でも混むので、唐沢鉱泉から登ることにした。が、さすが三連休、ここもとても混んでいて、路駐の車の長い列に連なることになった。

唐沢鉱泉付近にはアブが発生中。花と同様昆虫の出具合も遅れているようで、まさに最盛期(泣)。タオルを振り回して彼らを蹴散らしながらの出発である。

今年は雨が少ないが、登山道はしっとり湿っており、苔が付いている岩も多く滑りやすい。しばらくアブも付いてくるが、登山口付近ほど大挙して押し寄せては来ないので、あまり気にならなくなった。

一時間ほどで分岐に到着。ここから西尾根に乗って歩く。だんだんと花も出てきた。ゴゼンタチバナ、ツマトリソウ、マイヅルソウの樹林帯トリオに、オサバグサ、コイワカガミ、コケモモなどが加わる。

オサバグサ
オサバグサ


樹林帯から開けた岩の上に出て、少し歩くと第一展望台。ここに着いた頃はまだ展望があって、南八ヶ岳方面や南アルプスも見えていた。風が気持ちよかった。

第二展望台を経て西天狗岳へと進む。途中からシャクナゲが出てきた。ハクサンなのかアズマなのか、私には判別できない…

シャクナゲ
シャクナゲ


上空で風がゴーゴーいう音が大きくなってきた。森林限界を越えると、それが吹き付けて来る。動いているので寒くはなかった。最後の登りの頃にはもう辺りはすっかりガスガスになってしまい、足元の小さな花たちが癒しになってくれた。

西天狗岳の山頂に着くと、急に人がたくさん増えた。登山口の車は多かったが、登山道で出会う人はさほど多くなかったので、ちょっとびっくり。

山頂はなぜか上手い具合に風が遮られていて、休憩するのにちょうどよかった。でも、寒いと言っている人も多く、ダウンを着ている人もちらほら見かけた。ちなみに東天狗の山頂は、風の通り道ですごいことになっていた。

今日は本当は根石岳山荘まで行ってコマクサを見て戻る予定だったが、予想より天気が悪くなったので、黒百合ヒュッテ経由で下山することにした。

東天狗岳から中山峠までは、八ヶ岳定番の強風に吹かれて歩いた。しかし、ここの区間はすれ違う人も多かった。ヒュッテも賑わっていた。三連休の中日なのでテントもたくさん。

休憩してから下山開始。久しぶりに歩いたら、沢増水時の巻道が整備されていて、気づいたらそちらを歩いていた。どちらを歩いても問題なさそうだが、いつの間にか吸い込まれてしまったのは、ちょっと反省しないといけないと思う。

渋の湯との分岐で最後の休憩。このとき近くで、きれいな鹿が一頭お食事中だった。

鹿(暗かったのでボケボケ)
鹿


分岐から唐沢鉱泉までは、またしても苔むした湿った岩の道で、滑らないように集中が必要だった。周りにも苔が多く、ふっさふさだったのが印象的。


苔


最後はアブがお出迎えで、車付近はまた大量のアブ攻撃…。車内に入るまでの攻防で、どっと疲れてしまい、変な疲労感の中で温泉に寄ってから帰宅するのであった…。


【参考:今日のタイム】
唐沢鉱泉8:30→9:27枯尾ノ峰分岐9:35→10:14第一展望台10:25→10:52第二展望台→11:31西天狗岳11:48→12:03東天狗岳12:05→12:50中山峠→12:55黒百合ヒュッテ13:28→14:11唐沢鉱泉分岐14:18→15:24唐沢鉱泉

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
日帰りで頑張りますね。
アブがそんなに多いんですか。びっくりです。
気持のよい山ですから、人気ですね。
カスミッシモ
2017/07/26 18:58
カスミッシモさん☆
本当は泊まりで行きたいのですが…
八ヶ岳のアブはすごいですよ。美濃戸や観音平にもいます。トンボが頑張るといなくなるので、だんだん減っていきます。
ぽこ@管理人
2017/07/26 22:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
北八ヶ岳 天狗岳 鮎湖のほとりでひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる