鮎湖のほとりでひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS グレート・ギャツビー

<<   作成日時 : 2017/05/19 21:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017年5月19日(金) 13:00〜 (日生劇場)
井上芳雄さん、夢咲ねねさん、広瀬友祐さん、畠中洋さん、蒼乃夕妃さん、AKANE LIVさん、田代万里生さん 他

フィッツジェラルド原作の『グレート・ギャツビー』を観に行った。映画や宝塚でのミュージカルにもなっているが、私は原作含めて初見である。

1920年代アメリカNYのお話。きらびやかな場面が多く、ダンスも多いので、ミュージカルだなぁという雰囲気を堪能できる。特に、男性アンサンブルの皆さんの群舞や重唱に迫力があったのが印象に残った。

でも、ストーリーは正直あまり好きではない感じ…。なんとなく入り込めなかったのは恐らく、出て来る人たちが、遊んで暮らせるもともとの大富豪とか、成り上がりでもやっぱり夜な夜なパーティを開けるくらいのお金持ちとかだからかと。これが王室とか皇帝とかの話なら「そういうもんだ」と思えるのだが、そうではないから空々しく感じてしまったようだ。

結局誰にも感情移入できなかったのは、脚本のせいではないかと思う。歌は多かったけれど、じっくりと心の動きを追うような構造ではなく、気持ちの流れ、歌い出しともに唐突感があった。

でも、曲はよかったかな。キャッチーではないけれど、変に難解でもなく、ストーリーの中で違和感はなかった。一曲だけ、昭和のムード歌謡みたいなのがあって、それはちょっと気になったけど…

井上さん演じる主人公のギャツビーは、一人の女性を一途に思い続ける男。彼の行動は全て彼女のため。戦争で引き裂かれても心変わりしたり忘れたりしないというのは、どこぞのクリスなんかと比べると好感が持てるけれど、既に人妻となってしまっている女性に不貞を強いるというのはいかがなものか…。ま、そんなことを考えると、このお話は楽しめないのだけど。

芳雄さんは確かにかっこよかった。歌が一曲目からかなりの歌い上げ系で少々驚いたが、さすがにどの歌も危なげなく、安定しつつも気合と情熱が感じられてとてもよかった。衣装もみんな素敵なのだが、あの年代のデザインは肩パットが入っていたり、パンツはタックが入ってゆったりしたシルエットだったりするようで、せっかくの彼のスタイルのよさが少し消されてしまっている感じがしたのは、残念だった。

田代さん演じるニックと、終盤掛け合いながら歌うナンバーがあるのだが、これが緊張感と迫力があって素晴らしかった。ああいうナンバーがもっとあるとよかったなぁ。ソロかみんなで歌うかという感じで、二重唱三重唱の様なのが少なかった。

あと、ウルフシャイム役の本間ひとしさんの演技が渋くてよかったと思う。

もう一回観たら、印象が変わるかもしれないなと思いながら、ダッシュで劇場を後にした。








それにしても、今日は行きも帰りも時間がなくて、本当に疲れた…。物語に入り込めなかったのは、移動で疲れすぎたせいもあるかもしれない。

行きは、高速道路が大渋滞な期間なので電車にしたのに、そちらも事故が発生。日生劇場の神様に嫌われたのかと思ったわ…。
帰りも、終演が予定より5分ほど伸びたので、カーテンコールの途中で退席しなければならなかった。近くの席の方、ごめんなさい

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様でした。全くついてなかったですね。
私も観劇の時は雨だったり、JRが故障?や事故に出くわし、ぎりぎりだったり。帰れなくなったり。やれやれ散々な思いをしてますよ。 ほんとに心身疲れたでしょうね。。
ギャツビーのチケットは様子を見てました。たぶん私も同様であまりにも、冷静に見ちゃうと思います、はまれないかな。
というのも、その昔 映画 華麗なるギャツビーを見た記憶がわずかに残っているんです。ロバートレッドフォードが主役、アバンギャルドな退廃的なムード、で素敵でしたが、それで?という、愛なのか勝負なのか趣味ではありませんでした。ミュージカルにしてもどうなんでしょうねと。
レッドフォード自身は、愛と追憶の日々で、競演したバーブラストレイサンドとともに魅力的で、テーマ曲は切なく 胸をえぐられるような青春の移ろいに キュンキュンしたものです。
ごめんなさい、最近の方は知らないですよね^^
長話をしてしまいました
そうそう今日スヌーピー切手かいました! おやすみなさい^^
TM
2017/05/20 00:05
TMさん☆
移動中のアクシデントは、ほんと困りますよね。山手線圏内なら代替手段もありますが、もともと本数の少ない田舎ではどうしようもありません

ギャツビーは、恋愛ものが好きな人は好きかもしれませんね。華やかで見た目も楽しいですし。衣装も素敵でしたよ。だから映画化もされているのでしょうね。
ぽこ@管理人
2017/05/20 22:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
グレート・ギャツビー 鮎湖のほとりでひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる